映画レビュー:マダムベルコ

映画と読書が好きです。主に映画の感想や考察を書いています。「いい物はいい」が信条。

【薬の神じゃない!】これは中国版『ダラス・バイヤーズクラブ』ですね!

f:id:beruko_saka:20210313153012j:plain

一言あらすじ: 薬の密輸で人助けします。


中国の医薬業界に大改革を起こすきっかけとなったニセ薬(正確にはジェネリック薬)事件の顛末を描く。
笑いあり涙あり、個性的な登場人物たちが織りなす人間味あふれるストーリーと緻密な人物描写、緩急つけたカット割りからテーマの落とし所まで、エンターテインメントとして完璧な仕上がりです。これは素晴らしい。

[作品情報]
原題:我不是薬神
監督:ウェン・ムーイエ
脚本:ウェン・ムーイエ
製作年:2018年
製作国:中国
出演:シュー・ジェン(徐崢),ワン・チュエンジュン(王伝君),ジョウ・イーウェイ(周一囲) ほか


タイトルにも書いたけれど、本作を観て『ダラス・バイヤーズクラブ』を思い出したという人が少なからずいると思います。マシュー・マコノヒーの激痩せ芸でも話題になった作品ですね。

『ダラス・バイヤーズクラブ』はHIV治療薬でしたが、本作は慢性骨髄性白血病の薬をめぐるお話です。
映画では「グリニック」と一文字変えてありますが、これはスイスの製薬大手ノバルティスが開発した「グリベック」のことです。


この薬は非常に高価で、中国のように保険制度が不十分な国では相当な金持ちでないと買えない。その上ジェネリック薬の輸入が認められていなければ、患者が海外の安い薬を使いたくても使えない。

実際、多くの国々からグリベックのジェネリック薬を求める声が上がっていましたが、ノバルティスは特許と訴訟でそれを押さえ込んできたわけです。

f:id:beruko_saka:20210317035025j:plain
© 2020 Cine-C. and United Smiles Co., Ltd. All Rights Reserved


ところが、もともと製薬産業が発達しているインドではグリベックの特許を最高裁が認めなかったためジェネリック薬が販売されていました。しかも正価の20分の1で買えるという。

それを知った患者の一人が、自分では買いに行けないからと、インチキくさいインドサプリ店をやっている主人公チョンのもとへ藁にもすがる思いでやってくるんですね。
薬がほしい患者はたくさんいるから絶対売れる、薬は我々の命綱なんですと訴えます。


当然これは密輸であり違法な行為ですが、上手くやれば一儲けできると考えたチョンは話に乗ります。
かくしてこっそり持ち込まれたインド製グリベックが次々と患者たちに配られていき、チョンは神様さながらに感謝されるわけですね。まあ動機が不純だから神様ではないのだけれど。

しかし患者たちとの交流が深まるにつれ、理不尽な医療行政のせいで彼らがどれだけ苦しんでいるかを目の当たりにしたチョンは、自らすすんで法を犯すという危ない橋をわたるようになっていきます。
金儲けのためではなく、目の前の命を救うために。


f:id:beruko_saka:20210317035248j:plain

この映画の素晴らしいところは、エンタメとしての完成度の高さだけではありません。

何しろ中国です。中国共産党の厳しい監視下にあり言論の自由も保障されておらず、一つ言い方を間違えば殺されてもおかしくない。
その中国でこうした問題を取り上げ行政のありかたに物申すのは、ものすごく勇気のいることだったと思います。

よく検閲にも引っかからず上映中止になることもなく興収500億円もの大ヒットになったもんだとびっくりするんですが、やはりこれも脚本力というか、問題の本質をきちっととらえた上で「共産党批判」ではなく「国民の命とより良い社会」に重きを置いた絶妙なテーマバランスによるところが大きいのではないかなあと思います。


後半は人として成長した主人公に共感度マックス、場面の一つひとつに重みを持たせてあって見応えがありましたね。沿道のシーンもたいへんよかったです。